【最新情報】ついにレベル4飛行に対応した第一号ドローンが発表されました!

【最新情報】ついにレベル4飛行に対応した第一号ドローンが発表されました!

こんにちは!ドローンパイロットの藤本ひろき(@drone_fujimotoです!

今回のテーマは、「レベル4飛行に対応した第一号ドローン」ということで、ACSL社から発表されたドローンの最新情報を、わかりやすくご紹介します。

ついに日本初の第一種型式認証を受けたレベル4飛行に対応したドローンがついに発表されました!

今回はACSL社から発表されたドローンの最新情報を、わかりやすくご紹介します。

気になる方は最後までお読みください。

この記事はこんな人にオススメ!
・レベル4飛行に対応したドローンが知りたい人
・レベル4飛行がどんな飛行か、気になる人
・ドローンに興味がある人

レベル4飛行とは?

まずは、レベル4飛行を可能にした機体の重要性を知ってもらうために、レベル飛行について紹介します。レベル4飛行は、有人地帯における目視外飛行をすることを指します。

第三者の上空を補助者を配置せずに自動操縦で飛行し、都心部での物流や災害時の救助支援、都心部のインフラ点検などが主な用途にあたります。

2022年12月5日からレベル4飛行が解禁されましたが、飛行をするには、国家資格の一等ライセンスと第一種型式認証機が必要でした。

しかし、第一種型式認証機がなかったことが問題となっていました。レベル4飛行が法律上は可能ですが、認証された機体がなかったので、レベル4飛行ができない状態でした。

遂に!令和5年3月に第一種型式認証機が発表されたので、ドローン業界で大きな話題になっています

レベル4以外の飛行形態について

レベル4飛行以外も確認をしましょう。ドローンの飛行形態は、レベル1からレベル4に分類されています。

  1. 目視内での、操縦飛行
  2. 目視内での、自動飛行
  3. 無人地帯における、目視外飛行
  4. 有人地帯における、目視外飛行

レベル1:人間の手で、見える範囲で操縦する飛行

レベル2:ドローンを自分の見える範囲で、自動で飛行させること。

レベル3:第三者がいないエリアで、自分の目で見えない範囲で飛行する形態。

レベル4:第三者の上空を補助者を配置せずに、自動操縦で飛行する形態です。

今回、レベル4飛行が実現すると、第三者の上空を補助者を配置せずに自動操縦で飛行し、様々な分野でドローンの活用されることが期待されています。

ACSL社から第一種型式認証を受けたドローンが発表

ACSL社からの第一種型式認証を受けたドローンが発表されて、レベル4飛行が可能となりました。

レベル4飛行が進むことによって、

幅広い分野で活躍が期待されています。

この技術が進化すれば、より高度な自動化や、より遠くまでの飛行が可能になり、ますます多くの分野でドローンの活用が見込まれています

ただしレベル4飛行にはまだまだの課題があります

ドローンの衝突や誤作動が発生した場合に、どのように対処するか、ドローンによるプライバシー侵害などの問題、航空管制や法律の整備などです。

今後も、レベル4飛行を含むドローン技術の進化や、社会インフラの整備に向けて、様々な取り組みが進められることが期待されます。

ACSL社はどんな会社?

日本のスタートアップ企業です。主に、インフラや物流、防災分野で活用される産業用ドローンを開発する会社です。会社の設立は、2013年11月。

「最先端のロボティクス技術を追求して、社会インフラに革命」をというビジョンを掲げています。

「危険な作業や、付加価値の低い業務を1つでも多く代替させ、次世代に向けた社会の進化を推し進める」というメッセージが込められています。

引用元:株式会社ACSLホームページ

第一種型式認証を受けた機体の概要

ここからは、今回の国土交通省から認証を受けたドローンについて紹介します。

機体PF2-CAT3
外径1174mm × 1068
高さ601mm
最大離陸重量9.8kg
最大積載重量1.0kg
最大飛行速度10m/s 時速36km
最大航続距離11.4km
引用元:国土交通省 報道発表資料 

▶︎【国土交通省資料】無人航空機のレベル4飛行に係る第一種型式認証を行いました。

機体の大きさについてです。1174mm。縦横1mぐらいの大きさがあります。

高さは601mmで、約60cmほどです。

最大離陸重量は9.8kg

最大積載重量が1kgまでしか荷物を積むことができません。

今回、第一種型式認証を受けたドローンは重たい荷物や大きい荷物を運ぶことはできません。

興味深いのは、このドローンがレベル4飛行に対応なので、万が一、何か問題があった時には、パラシュートが自動で出る機能があります。飛行に必要なパーツも複数備えているので、例えば少し部品が欠けたとしても他の部品でしっかり補えるドローンです。

安心、安全な飛行のために、何重にも安全装置がついてますね!

まとめ

この記事ではドローンのレベル飛行と、レベル4飛行が可能なACSL社のドローンについて紹介しました。

国土交通省のドローンのロードマップでは、令和5年中にレベル4飛行を行う計画になっていたので、レベル4飛行が増えることを期待しています。ドローンはこれからますます伸びていく成長産業で、将来性のある業界です。

今回も最後までありがとうござました!

▼当ブログの運営者
藤本ひろきプロフィール写真
藤本ひろき HIROKI FUJIMOTO
  • ■大学生ドローンパイロット
  • ■株式会社デイトラ ドローン事業マネージャー
  • ■UAS Level2資格&インストラクター資格所持
  • ■累計空撮本数1200本
  • ■指導実績94名
  • ■当ブログではドローン初心者向けに役立つ情報を発信しています
藤本ひろきプロフィール写真
藤本ひろき
HIROKI FUJIMOTO
  • ■大学生ドローンパイロット
  • ■株式会社デイトラ ドローン事業マネージャー
  • ■UAS Level2資格&インストラクター資格所持
  • ■累計空撮本数1200本
  • ■指導実績94名
  • ■当ブログではドローン初心者向けに役立つ情報を発信しています
この記事を読んだ人におすすめ